うがじん歯科医院

診療予約・お問い合わせ
072-623-5450

学校歯科検診について思うこと

  • 2019年06月23日
  • カテゴリ:ブログ


皆さんこんにちは!

阪急南茨木の駅前、モノレール南茨木から徒歩1分の便利な歯医者うがじん歯科医院の

院長 宇賀神直也です。

暦のうえでは夏至が過ぎ、むしむし暑~い夏がもうすぐそこまで来ています。

6月は虫歯予防デイがあり、学校歯科検診が実施され、当医院にも検診用紙を持参して

来院してくださる方々が多くいらっしゃいます。

 

              要注意乳歯があります。

              むし歯があります。

             歯並びが気になります。

             歯磨きが不十分で歯肉の病気にかかっています。

                                                                                                            などなど…….

でも実際はむし歯がない子供さんもおられますし、あったとしても治療の必要のない歯の場合もあります。

歯並びを指摘されても矯正治療は健康保険がききません。逆を言えば歯科検診にひっかからなかった子供さんの中にも治療が必要な歯がある子もいたかもしれないな~

なんて考えたりもします。

私自身ある小学校の学校歯科医をさせていただいているのですが、数百人の児童たちを数時間で診るのは至難の業です。

給食の後などはもう大変です。

だから、私は   疑わしきは罰する  を実践しているのです。

検診用紙をもらったら歯科医院に受診します。その時にもっと詳しく検診してもらってください  ということです。

学校歯科検診でふるいわけをしてもらい、かかりつけ歯科医院で再度詳しく診てもらうのです。

一目見て治療が必要な歯はすぐにわかりますが、なかなか判断に迷う時などはレントゲン写真を撮影したりもします。

うがじん歯科医院では、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の認定を受けたことを機に

   ダイアグノデント ペン

というレーザーで虫歯の治療の有無を調べる機器を導入しました。

当医院の理念の一つである

   なるべく 削らない 抜かない

を実践するための大きな味方を手に入れました。

検診用紙をもらわなかった方々も一度、虫歯予防デイにちなんで歯科受診をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

このページの先頭へ